赤子

乳児湿疹の原因を必ず突き止めよう|赤ちゃんを守る心強い味方

買わずに借りるという選択

乳児

レンタルショップでチャイルドシートを借りると様々なメリットがあります。安価に借りることが出来るので大変経済的でエコな方法となっています。レンタルショップではチャイルドシートだけでなく、その他の育児グッズも多く取り扱っています。

Read More..

たくさん買わなくても良い

哺乳瓶

育児グッズとして哺乳瓶を用意する時は赤ちゃんの様子を見ながら買い足していけば良いでしょう。哺乳瓶でミルクが飲めるようになると、夜長めに寝てくれるようになったり、他の人に赤ちゃんを預けられるようになります。

Read More..

赤ちゃんの皮膚トラブル

赤ん坊

赤ちゃんのお肌は大人と比べてとてもデリケートです。ちょっとした刺激で皮膚トラブルへと発展してしまいます。原因を必ず突き止めましょう。また、赤ちゃんは皮脂の分泌が盛んでよだれやミルク、汗などで汚れやすいことが原因で湿疹が発生します。生後2か月くらいまでにみられる湿疹の総称を乳児湿疹と呼びます。頬や額に赤いブツブツができます。かゆみがあったりジュクジュクすることもあります。また、他にもわきの下や外陰部などしわになりやすい箇所や、皮脂の分泌が多い箇所にできやすいです。そのため、乳児湿疹の原因である汚れを落としてあげることが大切です。汚れをそのままにしたり後回しにすると悪化の原因となります。さらに、おっぱいやミルクを飲んだ後は必ず口回りをお湯でかたく絞ったガーゼで拭いたり、お風呂では石鹸をよく泡立てて乳児湿疹になりやすい箇所を念入りに洗うといいでしょう。

赤ちゃんは大人よりも体温が高いため汗っかきです。そのため一日に一回お風呂に入れて清潔にしてあげます。お風呂に入れることで赤ちゃん、パパとママも気分転換にもなります。また、お風呂では石鹸をよく泡立てて優しく全身を洗います。汚れを落としたら、お湯で石鹸が残らないように洗い流します。実は石鹸をきれいに洗い流さないと乳児湿疹の悪化の原因となるため、落ちているか確認しましょう。また、悪化してしまったりなかなか治りが悪い場合には、皮膚科か小児科を受診することが大切です。乳児湿疹は月齢が進むと消えていくものですが、悪化してしまった場合には病院に行き薬を処方してもらうことで症状が早く回復し、赤ちゃんもご機嫌になりパパママも気持ちが安定していきます。

賢く業者を利用する

赤ちゃんグッズ

家族に赤ちゃんが加わる場合、たくさんのベビーグッズが必要になります。そんな時はレンタルという方法を使うのも一つの手段です。店舗またはネットで簡単にレンタルすることが出来ます。レンタルの場合は出来るだけ早めに予約手続きをするようにしましょう。

Read More..