乳児と婦人

乳児湿疹の原因を必ず突き止めよう|赤ちゃんを守る心強い味方

たくさん買わなくても良い

哺乳瓶

様子を見ながら購入する

出産前には様々な育児グッズを用意することになります。育児グッズの専門店や育児雑誌には出産前に買っておきたい様々なグッズの掲載があるので、それらを参考にしながら色々と買い足していくことが多いです。もちろん全てお手本通りに買っても良いのですが、出産後の赤ちゃんとの生活を過ごしながら足りないものだけ買い足していくという方法も良いと思います。その中でも哺乳瓶は代表的なもので、もしかしたらミルクを足さなくても母乳だけで育児が出来るかもしれません。そのためあまり多く買っておく必要はないと思います。仕事復帰などで赤ちゃんを預けることがある場合には哺乳瓶があったほうが良いので、早くから練習の意味を込めて練習しておくと良いかもしれません。

ミルクを飲んでくれない

いざ哺乳瓶でミルクを飲まそうと思っても、母乳との感触が異なるために最初のうちはあまり哺乳瓶で飲んでくれない時もあります。哺乳瓶の乳首が赤ちゃんに合っていなかったりすることがあります。赤ちゃんの成長と共にミルクを飲む量が変わるので、成長に合った乳首を選んだり、メーカーによって異なる乳首が販売されているので、試しに変えてみると飲んでくれることがあるかもしれません。その他に考えられることはミルクの味を変えてみる、つまり他のメーカーのミルクを使ってみる、ミルクの温度が適切でない、お母さんの母乳が良いなどがあります。どの方法を試してみてもうまくいかない場合は、少し日にちをあけてチャレンジしてみると良いかもしれません。哺乳瓶で飲んでくれるようになると赤ちゃんを預けることが出来たり、夜寝てくれるようになるなど良い点もありますから、飲まないことに悲観せず赤ちゃんのペースで付き合っていくようにしましょう。